FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
世界情勢の変化 
新年明けましておめでとうございます
blog更新はかなり休んでいますが、相場は一日も休んでいませんw
という訳で2010年の相場展望について、少し書いてみようと思います


マーケットを見ている者として
2009年の象徴を挙げるのであれば「ドル安ユーロ高」でしょう
しかしこの状況は今年、激変すると考えています

EU圏が厳しい状況にある事は、自分の日記でも度々取り上げてきましたが
昨年一年間、英国を含めたEU圏各国は、その不良債権額を明らかにしようとせず
ひたすら包み隠す事に奔走しました
英ブラウン首相など口を開けば「経済は安定しつつある」を繰り返し
かつて、バブル崩壊後の日本でも行われたリップサービスを並べ立てた結果
市場に好感され「ユーロ高」に繋がりました

逆に米国は、徹底的に不良債権を洗い出した事により
州銀などを含め、100以上の金融機関が破綻処理を行いました
日々地方銀行が倒れる中、市場はドルの信用に不安感を抱き
これが「ドル安」へ繋がったという訳です

バブル崩壊後の日本に照らし合わせるとすれば
EU圏は、財政規律を重んじた橋本政権辺り
しかし米国は、既に小泉政権まで進んでいますから
米国の景気回復は、相対的に優位な立場に立つでしょう


歴史的な流れを見ると、毎回0年度っていうのは
何らかの危機が起こっているケースが多いのだけど
仮に今年何かが起こるとしたら、やはりユーロ危機じゃないだろうか
既にその兆候が出ているのが、ギリシャだ

ギリシャが約1週間で2度目の格下げ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12989420091217
ドイツ、ギリシャの過ちを肩代わりできない
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnJT855627220091221

国債信用に対して不安を感じるEU加盟国に対し
PIIGS諸国(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)
という蔑視用語まで登場してカオスな状況になってきていますが
国債問題は通貨問題にまで発展しており
改めてユーロ圏の財政規律問題が浮き彫りになった格好

この問題解決には、EU大統領の選出が必要不可欠と認識されてはいたものの
当初大本命と推されていた、ブレア前英首相が落選し
中間的なベルギーのファン・ロンパウ首相が選出された

この何の権力行使も行えないようなEU大統領が選出されたおかげで
ユーロ圏の財政規律問題は、より一層解決が困難になると予想出来るし
既にユーロ破綻が見え隠れしている、というのが今の状況だろう
今年の秋口から冬にかけて、この辺の地雷がどう動くのか見物である


最後に中国
なんだかんだで、今年もGDP成長率8.5%という予想で
米中二極化の流れが強まった一年

今年は、上海万国博覧会、広州アジア大会というイベントが控えている上
2兆元の財政出動による景気刺激策が約束されている
諦めずにドル資産を買い込んできたのも、結果的にプラスへ働いており
もはや死角無しのようにも見える

ただ一つ危惧する事があるとすれば
今の中国は、完全なバブルであるという事だ
特に顕著なのが不動産バブル

金融危機以降に、危機以前の不動産価格を上回ったのを皮切りに
中国の不動産価格はうなぎ上りに上昇し
いまや香港の単位面積辺りの価格は、世界最高値になってしまった
東京の一等地より、香港の一等地の方が高いという現実
これは一応、知っておいた方が良い知識だと思います

一般的にバブルかどうかを判断するのに
住宅価格の平均値と、国民の平均年収を用いて計算するのだけど
健全とされる数字が年収の5倍とされているのに対し
中国では、既に年収の20倍もの価格で取引されている

人口が多いから需要が有るといえばそうなんだろうけど
20年前の日本のバブル期だって約10倍前後だったはずなので
やはりバブルと呼ぶのが相応しいだろう

中国へ投資しようという人がいるかもしれないので
とりあえず現状だけは認識しておいた方が良いと思います
スポンサーサイト
【2010/01/05 Tue 18:16 】 | コラム | comment(0) | trackback(0) |
| ホーム | 10/22 投げ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dogg0.blog71.fc2.com/tb.php/840-3dea6a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。