FC2ブログ
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
8/19 下値模索 
日経平均 10,204.00円 -80.96円

NY市場は大幅高も、CMEの反応鈍く
日経は小安い寄り付き

一時買われる場面もあったものの
後場に向けて失速し
今日の安値付近での大引け

持ち越しはそのまま
寄り付近で売り乗せしました
持ち越しは売りのみ


日経が結構下げた割には
相変わらず相場は強い印象
妙に買い支えられているなという感じです

戻りの後の下落という事で、典型的な下落トレンド
これが短期で終わるのか、長期的な流れになるのかは
まだよくわかりません

さて今回、下落の要因となっているのは中国市場
一説には、GDPの水増しが行われているんじゃないか
という疑心暗鬼になっている事が
下落要因だと言われています

中国経済は、まだ構造的な弱さが目立ち
元安を活かしての輸出産業が主な収入源

日本がプラザ合意を行った時というのは
ドル円レートにして250円という、今考えれば信じられない円安だったんですが
円安による貿易摩擦の他に、経済的な強さも有ったんですね

そう考えると、まだまだ中国経済は主軸となる経済基盤も少なく
中国元の切り上げは時期尚早と言えます
そんな時期に訪れたのがサブプライム問題
中国は、まだまだ発展途上にも関わらず
海外の需要減という危機を迎えている訳です

日本でも、一時期輸出産業が儲からない時期がありましたが
それこそ「カイゼン」という名の下、企業の構造改革は進められ
1ドル100円でも十分利益が出る企業体質へ成長しました

しかし日本の輸出産業が儲からない時期
内需拡大政策によって、超バブル期を迎えた事を忘れていけません
そして今の中国は、正に30年前の日本と同じように
内需拡大を訴え続けています

中国は日本と同じ轍を踏む事になるのかもしれませんね
スポンサーサイト

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/08/19 Wed 22:09 】 | /trader | comment(2) | trackback(0) |
<<8/20 強い | ホーム | 8/18 売られすぎの反発>>
コメント

今更ながら・・・敬服致します。。。
ほんと、いろんな事を知ってらっしゃって・・・。
経済学の先生?って思ってしまいます。。。
また勉強になりました。。。
【2009/08/20 10:43】| URL | ニャンタ #-[ 編集] |

>ニャンタ
あくまで予想なので、誰でも出来ますよ(>_<)
【2009/08/20 22:18】| URL | chibie #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://dogg0.blog71.fc2.com/tb.php/823-4ba84d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。