スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- -- --:-- 】 | スポンサー広告 |
世界情勢の変化 
新年明けましておめでとうございます
blog更新はかなり休んでいますが、相場は一日も休んでいませんw
という訳で2010年の相場展望について、少し書いてみようと思います


マーケットを見ている者として
2009年の象徴を挙げるのであれば「ドル安ユーロ高」でしょう
しかしこの状況は今年、激変すると考えています

EU圏が厳しい状況にある事は、自分の日記でも度々取り上げてきましたが
昨年一年間、英国を含めたEU圏各国は、その不良債権額を明らかにしようとせず
ひたすら包み隠す事に奔走しました
英ブラウン首相など口を開けば「経済は安定しつつある」を繰り返し
かつて、バブル崩壊後の日本でも行われたリップサービスを並べ立てた結果
市場に好感され「ユーロ高」に繋がりました

逆に米国は、徹底的に不良債権を洗い出した事により
州銀などを含め、100以上の金融機関が破綻処理を行いました
日々地方銀行が倒れる中、市場はドルの信用に不安感を抱き
これが「ドル安」へ繋がったという訳です

バブル崩壊後の日本に照らし合わせるとすれば
EU圏は、財政規律を重んじた橋本政権辺り
しかし米国は、既に小泉政権まで進んでいますから
米国の景気回復は、相対的に優位な立場に立つでしょう


歴史的な流れを見ると、毎回0年度っていうのは
何らかの危機が起こっているケースが多いのだけど
仮に今年何かが起こるとしたら、やはりユーロ危機じゃないだろうか
既にその兆候が出ているのが、ギリシャだ

ギリシャが約1週間で2度目の格下げ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-12989420091217
ドイツ、ギリシャの過ちを肩代わりできない
http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnJT855627220091221

国債信用に対して不安を感じるEU加盟国に対し
PIIGS諸国(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)
という蔑視用語まで登場してカオスな状況になってきていますが
国債問題は通貨問題にまで発展しており
改めてユーロ圏の財政規律問題が浮き彫りになった格好

この問題解決には、EU大統領の選出が必要不可欠と認識されてはいたものの
当初大本命と推されていた、ブレア前英首相が落選し
中間的なベルギーのファン・ロンパウ首相が選出された

この何の権力行使も行えないようなEU大統領が選出されたおかげで
ユーロ圏の財政規律問題は、より一層解決が困難になると予想出来るし
既にユーロ破綻が見え隠れしている、というのが今の状況だろう
今年の秋口から冬にかけて、この辺の地雷がどう動くのか見物である


最後に中国
なんだかんだで、今年もGDP成長率8.5%という予想で
米中二極化の流れが強まった一年

今年は、上海万国博覧会、広州アジア大会というイベントが控えている上
2兆元の財政出動による景気刺激策が約束されている
諦めずにドル資産を買い込んできたのも、結果的にプラスへ働いており
もはや死角無しのようにも見える

ただ一つ危惧する事があるとすれば
今の中国は、完全なバブルであるという事だ
特に顕著なのが不動産バブル

金融危機以降に、危機以前の不動産価格を上回ったのを皮切りに
中国の不動産価格はうなぎ上りに上昇し
いまや香港の単位面積辺りの価格は、世界最高値になってしまった
東京の一等地より、香港の一等地の方が高いという現実
これは一応、知っておいた方が良い知識だと思います

一般的にバブルかどうかを判断するのに
住宅価格の平均値と、国民の平均年収を用いて計算するのだけど
健全とされる数字が年収の5倍とされているのに対し
中国では、既に年収の20倍もの価格で取引されている

人口が多いから需要が有るといえばそうなんだろうけど
20年前の日本のバブル期だって約10倍前後だったはずなので
やはりバブルと呼ぶのが相応しいだろう

中国へ投資しようという人がいるかもしれないので
とりあえず現状だけは認識しておいた方が良いと思います
スポンサーサイト
スポンサーサイト
【2010/01/05 Tue 18:16 】 | コラム | comment(0) | trackback(0) |
10/22 投げ 
日経平均 10,267.17円 -66.22円

昨日、今日と海外市況の動きと比較して
日経平均の動きは非常に弱い動き

特に反発相場の旗本と考えていた銀行系が
早くも上値の重い印象だった為
今日の動きを見て、買い玉は全て投げました

持ち越しなし


海外市況が年初高値を更新する中
日経平均は異様に弱い動きをしています
元々、反発を始める前まではこんな動きだったので
その時の雰囲気に戻った感じですね

為替はやや円安方向を向いていますが
ここ数日、特に輸出関連が強かったという感じでもなく
とにかく日経自体が弱いという印象しかありません

まぁ難しい相場だと思うので
様子を見ながら適当にやっていきます

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/10/22 Thu 22:30 】 | /trader | comment(1) | trackback(0) |
10/19 再び戻り相場 
日経平均  10,236.51円 -21.05円

日経平均は先週末に弱い動きを続け
今日もその流れで下値を試していきました
今日の前場の時点で、下降トレンドが鮮明になってきていたものの
後場は切り返して更に金曜高値を目指す動き

先週末からしつこく売りを続けていた自分も
さすがにこの動きには買い戻し
大引け前にドテンで買っていきました

持ち越しは買いのみ


崩れそうで崩れない相場で
25MA割れを試すも、反発してプラス引け
ここ2-3日、為替の方も円安トレンドが出てきていた為
再び戻りを試す考えた方が良さそうです

ちょっとトレンドラインの引きづらい難しい相場へ突入
まぁ恐らく、前回の戻り高値 10760円は超えてくると思います
その後の展開は少し予想しづらいので
とりあえずはそこまでの勝負と割り切ります

テーマ:株式雑感  - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/10/19 Mon 23:53 】 | /trader | comment(0) | trackback(0) |
10/15 上の窓埋め 
日経平均 10,238.65円 +178.44円

NY市場が年初高値を更新し、昨日の引け値は 10,015pts
その割に、日経は上の窓埋めに留まったという感じの一日でした

ここ一週間の売買ですが
連休明けの火曜日までは戻りを取り
そこからドテンで売り増しています

海外市況がこれだけ強いと、NYダウ 10,000pts超えそうだな~と
思ってはいたので、今日は再び売り乗せた感じです
まぁ強がって言うのであれば、想定の範囲内ですw


先週の時点では、上の窓埋めまでは行かないだろうと踏んでいましたが
NY市場の強さで無理やり上まで持っていったという感じの日経
但し、そのお陰で今日は絶好の売りポイント
正に売り方の急所ですね

トレンド的には、早ければ明日にでも見えてきそうで
遅くとも来週前半には見えているでしょう
為替的に、上抜けか?という感じなんですが ^^;
今日の日経を見て、買いにいく気が全くしませんでしたからね
それだけここ一週間の日経は、弱い動きを続けています

まぁ明日、上へ抜けるようであれば
売り玉を損切りして付いていくのみ
下へ向くようであれば、海外市況などは昨日・今日が今年の高値
となってもおかしくないポイントです

自分は、ここから下を向くと思いますが
現在の欧州も割と強い動きをしていて…^^;
まぁ上なら上で仕方ないです

テーマ:株式市況 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/10/15 Thu 20:54 】 | /trader | comment(0) | trackback(0) |
久々の更新 
日経平均 9,691.80円 +17.31円

もうすっかり更新をサボッてしまって
恐らく見てくれてる人も、激減したんじゃないかと思います
まぁ元々、自分の為にやってるブログなんで
細々とでも続けるつもりですが…(>_<)
見て頂いている方には、申し訳無いとしか言いようが無いですね

ただ単に気まぐれでサボッただけで、特に仕事が忙しかった訳でも無く
大負けこいて退場した訳でも無いのでご心配無く

さて日経は順調に下げトレンドを描いていますが
今日からは短期的な反発場面
現在は買い持ちですが、今週末のSQ日を目処に再び売り直す予定


昨日の相場を見ていても、ユニクロがリバランスと格付けだけでS高と
全く上昇トレンドに戻ったという雰囲気ではありません
今日辺りからボチボチと戻りを試しそうですが
これも上値が見えていますね

そもそも下降トレンドが決定的になったのは、9/28の窓空け場面
まぁそれ以前から、徐々に上値は切り下げていましたが
トレンドが確定したのは、9/28でしょう

その後、10/2にもうひとつ窓を空けていますが
今回の戻りの目安としては、コチラの窓埋め水準
だいたい9950円辺りですね
ちょうどその辺に75MAもあるので、75MAを一旦試す事になるかもしれません
となると、9950-10050のレンジがターゲットです

自分は今の相場を、完全に売り目線で見ていますが
一番の問題はNY市場です

少なくとも今現在、一目の雲を下抜けしている日経に対し
海外市場…特にNY市場は崩れていません
そればかりか25MAの上に居るんですね

日経は今週末辺りから、中間決算が本格化してきますが
マツダの決算とその後の動きを見ても
意外と輸出が堅調なのかもな~?というのが問題
海外市況に引っ張られて、日経も復活
という可能性が無い訳では無いという事ですね

まぁとりあえずは上値レンジまでの戻りを取る予定
その後は軽く売りを入れながら様子を見ていく予定です

テーマ:株式雑感  - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/10/07 Wed 00:17 】 | /trader | comment(3) | trackback(0) |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。